㈱岐阜黒曜社システム部のブログです。 主に大型インクジェットシステムやグラフィックソフト(フォトショップ、イラストレーター)に関する情報などをご紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク




Illustrator CS4で入力した数値が小数点になってしまう現象
illustrator_cs4_01.jpg

Illustrator CS4を使ってはじめて思ったことですが、
変形の数値表示がなんだかおかしい。
変形パレットで入力した数値がなぜか小数点になってしまい、
わずかですが誤差が表示されてしまいます。

illustrator_cs4_02.jpg
[Illustrator CS4で入力した数値が小数点になってしまう現象]の続きを読む

スポンサーリンク




スポンサーサイト

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

画像を綺麗なベクターデータにしてくれるオンラインサービス - VectorMagic
 
アップした画像を簡単な操作でベクターデータ化してくれるオンラインサービス「VectorMagic」のご紹介です。

vm002.jpg

実際どれくらいの精度で行われるか
サンプルを見てもらえれば分かりますが、十分な精度です。
vm001.jpg
↑サンプル(サンプルデータよくないですが・・・)

驚きなのが、
角がしっかりと再現されている!
余分なポイントがほとんどなく修正もしやすい!!
赤と青の重なった部分も隙間なくきれい!!!
荒い画像がなんでここまできれいにトレースできるの???

これほどのトレースがオンラインで使えるので利用する手はないと思います。


作業の手順は以下から

画像をVectorMagicにアップロードします。
vm002.jpg

ベクター化する際のクオリティを選択します。4種類選べるようです。
vm003.jpg

何色で表現するかを選択します。
フルカラー?の変換もできるようですね。
vm005.jpg

8色で変換してみます。
選択完了後、画像のベクター化が始まります。
vm006.jpg

ベクター化が完了すると、EPSまたはSVG形式でダウンロードすることができます。
vm007.jpg
いい加減なサンプルですみません。(^^;

各ロゴの比較サンプル → 比較サンプル
WEBサイト → VectorMagic

スポンサーリンク




Illustratorプラグイン - エクストリーム・パス

デザイナーご用達!
あると便利なIllustratorプラグインソフト


Illustratorの描画・編集機能をパワーアップできるプラグインです。
手間のかかる作業をスピーディーに行え、数値指定やスナップで精密な描画・編集が可能。

数あるツールの中で便利な 「スマートラウンド機能」 をご紹介します。
このツールを使えば、角ゴシックフォント丸ゴシックフォントに変えてしまうことができます。

テキスト入力で文字を配置します。
xtreampath01.jpg

[効果」→[Xteram path]→[スマートラウンド]を実行。
プレビューにチェックしておけば、リアルタイムに確認できます。
xtreampath02.jpg

あっという間に、角ゴシックが丸ゴシックに変身。
xtreampath03.jpg

数値オプションで角の丸みがリアルタイムで変更ができ、
テキストにはアピアランスの属性が保たれるので、
文字の変更も普通に入力するだけです。
xtreampath06.jpg

拡大してみるとこんな感じに。きれいに仕上がっています。
xtreampath07.jpg

また、[オブジェクト]→[アピアランスを分割]を実行すれば、その形状でアウトラインに変換されます。


1ヶ月無料で試せるフル機能対応のデモ版があるので試してみてください。

詳しい説明やデモ版のダウンロードは下記からできます。
フラッシュバック

ランキングに参加中!


スポンサーリンク




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。