FC2ブログ
㈱岐阜黒曜社システム部のブログです。 主に大型インクジェットシステムやグラフィックソフト(フォトショップ、イラストレーター)に関する情報などをご紹介していきます。
Windows Live Mail 2012の表示が崩れる問題
windowslivemail.jpg

Windows10を新バージョンに更新すると起こる現象。
これは表示に関する問題なのでグラフィックドライバに問題があると思います。
例えば中古のパソコンでwindows10に更新して使用を続けている場合、
ハードのサポートが終了して対応したドライバが供給されないといったことが原因かと。

ドライバが供給されなければこのまま使うしかない??
何か対応できることはないのかということで、ググってみたら
それを解消する策がありました。

スポンサーリンク




Display anomalies following update to Windows 10 v.1803

ここのフォーラムに「fix-live-mail.zip」があります。
ダウンロードして解凍すると「runme」というファイルがあります。

その「runme」を実行すると、Windows 10バージョン1709からd3d10level9.dllをコピーしてくれます。
古いファイル「d3d10level9.dll」を現行のバージョンにコピーしてくれるというもの。
これでミラーリングのような表示崩れは解消されます。

もともとWindows Live Mail 2012はサポート終了しているので、
できれば他のメールソフトを使用することをお勧めします。
何か問題が起きても責任はとれませんのでご了承ください。
自己責任でお願いします。

関連記事

スポンサーリンク


テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック