㈱岐阜黒曜社システム部のブログです。 主に大型インクジェットシステムやグラフィックソフト(フォトショップ、イラストレーター)に関する情報などをご紹介していきます。
JV3で写真をまとめてプリント。

ついつい溜まりがちなデジカメ写真。
デジカメの写真を一度にまとめてプリントする方法をご紹介します。
この方法なら、写真を一枚一枚配置する手間が省け簡単にプリントすることができます。
プリント後、1枚1枚カットするのは面倒ですが余白がないので比較的楽だと思います。

jv3Lsize_p03.jpg

jv3Lsize_p01.jpg

ポスターペーパー厚手(1370x60m)のメディアを使って、一気にプリントしてみましょう。
この方法は「Adobe Acrobat6」が必要になります。
RIPソフトは「RasterLinkProⅡ」の対応となります。

スポンサーリンク





1.Adobe Acrobatを起動し[ファイル]→[PDFの作成]→[複数ファイル]を選択します。
WS000000.jpg

2.ファイルを追加→参照ボタンをクリック。
WS000001.jpg

3.写真が入っているフォルダを選択し追加します。今回選んだ写真は30枚。
枚数が多ければ多い程、転送、RIPに時間がかかります。
WS000002.jpg

4.結合するファイルの一覧が表示されます。
WS000003.jpg

5.写真が30ページ分表示されます。
WS000005.jpg

6.印刷ボタンをクリックし、プリンタをJV3に、プロパティボタンをクリックし、
WS000007.jpg

詳細設定をクリック。
WS000008.jpg

7.用紙サイズ→PostScriptカスタムページサイズを選択。
WS000009.jpg

カスタムページサイズを幅120㎜、高さ90㎜とします。
※画像解像度の比率が4:3の場合。通常デジカメの比率は4:3です。
サイズが異なると余白が出る場合があります。
WS000011.jpg

印刷範囲はすべて
ページの拡大/縮小は用紙に合わせる
自動回転と中央配置にチェックする
WS000012.jpg

以上確認後、OKボタンをクリックすればRasterLinkProⅡに転送されます。

ここからは「RasterLinkProⅡ」操作です。

画像編集で回転を90°にします。
プリンタ側でマージンを広げているためメディア幅は1,355㎜となっています。90㎜x15枚で1,350㎜になるので、ここでは90°回転させています。
WS000051.jpg

配置の整列で幅方向にネストするをチェックします。
用紙幅に合わせてネストされます。
WS000053.jpg

※プリントしたくない写真があった場合、左側のサムネイルをクリックすると赤×が表示されプリント対象から外すことができます。
WS000050.jpg

このままプリントすると全体的に写真が濃くプリントされるので、全体の濃度を-15に設定します。
した方がいいと思います。好みですが・・・。
WS000054.jpg

※ネスト印刷の場合、RIP&印刷ができないのでRIP後印刷にしてプリントします。

関連記事

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰致しております。
まとめて写真プリント出来るっていいですね。
RasterLinkProⅠ?でも可能ですか?
2007/10/31(水) 12:52:20 | URL | アドベン@キタガワ #-[ 編集]
アドベン@キタガワ さんへ
お久しぶりです。
コメントありがとうございます。
すみません。記事に書き忘れてました。
RasterLinkProⅡの機能で整列を使いますので前のバージョンではできないと思います。
よろしくお願いします。
2007/10/31(水) 16:23:24 | URL | nana #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック