㈱岐阜黒曜社システム部のブログです。 主に大型インクジェットシステムやグラフィックソフト(フォトショップ、イラストレーター)に関する情報などをご紹介していきます。
Windows7 64bit版が主流に・・・
win7s.jpg

XP→Vista→7とバージョンを重ねるごとに完成度を高めてきた64bit版。
動作するアプリケーションも以前のバーションを比べはるかに多いと言われていますが・・・

32bit版と64bit版の違いはなんといっても扱える最大メモリーの容量。
32bit版は最大4GBまでのメモリーしか利用できない。
これに対して64bit版は最大で192GBまでのメモリーが使えるようになる。
(現在のマザーボードでは最大16GBまでがほとんど)

いくらパソコンの性能がよくてもOSが32bitではせっかくの性能発揮できないので、CPUやメモリなどフルに発揮できるOSなら64bit版でしょう。

※Windows7が対応する最大メモリ容量
32bit版 4GB
Home premium 64bit版 16GB
Professional 64bit版 192GB
Ultimate 64bit版 192GB

win7_64_01.jpg
※64ビット版のシステム画面。
実装メモリ(RAM)が「8.00GB(7.00GB使用可能)」となっています!


画像を扱うPhotoshopなどの大量にメモリを使うアプリでは64bit版が有利です。32bitでは1つのアプリケーションに割り当てられるメモリは2GBまでとなっており、たとえメモリーが4GB搭載されているパソコンでもアプリが使うメモリーは制限されてしまいます。

Windows7 64bitでの
PhotoshopCS4 32bit版と64bit版のメモリ使用状況(初期設定)
ps_cs4_32_01.jpg
32bit版

ps_cs4_64_01.jpg
64bit版

WindowsXP 32bitでの
PhotoshopCS4のメモリ使用状況(初期設定)
ps_cs4_xp_32_01.jpg

Windows7 64bit上ではPhotoshop32bitもXPよりはメモリが多く使えるようになってます。


通常の使い方なら32bit版でも十分かもしれません。
ただ今後64bit版専用アプリも増えていくことでしょうし、
64ビット版に最適化されたアプリは高いパフォーマンスを発揮できるということなので、64bit版のOSにしてメモリーたくさん積んで今後のアプリに対応できるようにしておいた方がいいと思います。

以前の32bit版アプリの動作については・・・
ほとんどの32bitアプリは、Windows 7 64bitのOS上で専用フォルダー(32bit)に自動で振り分けられるので動作が可能となっているみたいです。
ちなみに64bit版専用アプリは32bit版では使用できなくなるそうです。
64bit向けに専用で開発されるので当然ですが・・・
関連記事

スポンサーリンク




テーマ:コンピュータ - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック