㈱岐阜黒曜社システム部のブログです。 主に大型インクジェットシステムやグラフィックソフト(フォトショップ、イラストレーター)に関する情報などをご紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク




Photoshop CS5での32bitと64bitのメモリ使用状況
パソコンに24GBのメモリ搭載していても、
32bitアプリの場合は扱えるメモリに制限があり、
下記のように使用可能なRAM容量は3255MBしか使えませんが・・・

Photoshop CS5 32bit
PS_CS5_x32.jpg

それが64bitアプリでは搭載された分だけ有効に使うことができます。

Photoshop CS5 64bit
PS_CS5_x64.jpg

スポンサーリンク




CPUによっても扱えるメモリの容量が違ってきます。
i7のCPUは種類が多すぎて、チップセットやソケットも異なり、それにより性能が大きく違ってくるので、
大変わかりずらいと思います。
たとえば、今売れ筋のCore i7-950とCore i7-870。
同額に近い価格になっていますが主な違いはこんな感じです。

Core i7-950 3.06GHz LGA1366 4コア
メモリ6枚に対応 最大24GBまで。

Core i7-870 2.93GHz(ターボ時 3.6GHz)LGA1156 4コア
メモリ4枚に対応。最大16GBまで

i7-950対応のマザーボード(ASUS RAMPAGE3 FORMULA INTEL X58+ICH10R)
4GBx6枚 計24GBとなっています。
R0041127.jpg

i7-950はLGA1366のソケットなので、今後新しい6コアなどのCPUに対応する予定なので発展性があります。
私は24GBのメモリを積みたかったのでi7-950にしましたが、これから長く付き合っていくパソコンなので、
選ぶならi7-950がおすすめです。
あとマザーボードも多少高くてもいいものを・・・。

予算的に余裕があるならi7-980X!ですが・・・とっても高いです^^;


因みにWindows7が対応する最大メモリ容量は、
32bit版 4GB
Home premium 64bit版 16GB
Professional 64bit版 192GB
Ultimate 64bit版 192GB
となります。

i7-870ならHome premiumでいいんですが、
i7-950ならProfessional以上を選択する必要があります。
関連記事

スポンサーリンク


テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。