㈱岐阜黒曜社システム部のブログです。 主に大型インクジェットシステムやグラフィックソフト(フォトショップ、イラストレーター)に関する情報などをご紹介していきます。
中古パソコン IBM Lenovo ThinkCentre A52
R0041033.jpg

Windows XPの販売が終了したにも関わらず今だ人気のあるXPですが、ソフトや周辺機器がXPまでにしか対応していないなどの理由から、中古パソコンもWindowsXP搭載のものが売れているようです。
買える時に買っとかなければと思い中古パソコンを2台購入しました。

IBM Lenovo ThinkCentre A52
Pentium4 3.2G LGA775、RAM1GB、HDD80G、スリムコンボ(CD-RW+DVD)、LAN、USBx6、パラレルポートx1、シリアルポートx2

スポンサーリンク




丁寧に梱包されています。
R0041007.jpg

本体、キーボード、マウス、電源ケーブル、WindowsXP Pro SP3のCD-ROMとキングソフトのOFFICEソフトのシリアルが同梱されていました。
R0041008.jpg

富士通製のキーボードとメーカ不詳のマウス。
R0041009.jpg

なんか新品っぽいです。
R0041013.jpg

スタンド付。これは便利!
R0041017.jpg

中古PC向けの WindowsXP Pro SP3 が付属。
R0041018.jpg

斜め前から見た感じ。
R0041020.jpg

背面のインターフェース。
VGA、プリンタ、シリアルポートx2、USB2.0x4、LAN、PS/2ポート、PCIスロットx2
※一昔前のカッティングプロッタの多くはRS232C(COMポート)なのでRS232Cは必須です。
R0041023.jpg

ケースはドライバーレスで簡単に開けることができます。
R0041025.jpg

大型のCPUのヒートシンク、コンデンサ類は異常なし。
R0041026.jpg

ウエスタン・デジタルのハードディスクは80GB。
R0041028.jpg

DDR2のメモリスロットは2つ。最大2GBまで(1GBx2)
標準512MBが1本でしたが1GBに交換しました。
R0041029.jpg

OSのアップデートに1時間ぐらいかかりましたが、
動作は良好です。
これでいつでも突然のトラブルに対応することができます。

★メモ
BIOS設定画面を呼び出すには、電源をオンにし [F1] キーを押す。
関連記事

スポンサーリンク


テーマ:コンピュータ - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック