FC2ブログ
㈱岐阜黒曜社システム部のブログです。 主に大型インクジェットシステムやグラフィックソフト(フォトショップ、イラストレーター)に関する情報などをご紹介していきます。
CMYKインキの総使用量の制限の設定(Photoshop)
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

ps_cs4.jpg

インクジェットプリントで画像のオーバーフロー(にじみ)を防ぐ方法として、
フォトショップでは「CMYKインキの総使用量の制限」という設定があります。

画像をRGBからCMYKに変換した時、通常の設定ではCMYK400%になっているので、
インクジェットで印字するとブラックやシャドウ部分がにじんでしまう場合があります。
これを解消するために、Photoshop5のインキの総使用量の制限を260%にすることで、
オーバーフローを回避することができます。

画像をRGBからCMYKに変換する時にCMYKの総使用量を制限するには・・・
続きをご覧ください。
[CMYKインキの総使用量の制限の設定(Photoshop)]の続きを読む

スポンサーリンク



テーマ:コンピュータ - ジャンル:コンピュータ

元画像を生かしたソフトフォーカスアクション
ソフトフォーカスを自動で行ってくれるPhotoshopアクションファイルを作ってみました。

このソフトフォーカスアクションを使用することで、簡単に画像を軟らかい感じに仕上げることができます。特に、人物向けに作成していますが、風景やその他画像に対してもそれなりの効果が出せると思います。

woman.gif

アクションファイルの中には、
ソフトフォーカス弱、中、強の3種類入っています。
用途に応じて使い分けてください。
[元画像を生かしたソフトフォーカスアクション]の続きを読む

スポンサーリンク



リアルな質感!メタリックロゴの作り方
お勧めプラグインソフトのご紹介。

Photoshopのプラグインソフトを使って
リアルな質感のメタリックロゴを作ってみました。
Information Logo

今回、使用したプラグインソフト「AutoFX-Dreamsuite」と「Kai's Power Tools 5 日本語版(以下 KPT5)」は、高度なテクニックを必要とせず、様々なビジュアル効果が簡単な操作で表現できる、お勧めPhotoshopプラグインソフトです。

「AutoFX-Dreamsuite」のリキッドメタル機能で作成した例です。
このほかにも多種多様のメタル効果が表現することができます。
i-autofx-silvermetallic.jpg

これはメタリック部分だけをPhotoshopのカラーバランスで調整してゴールドっぽくしてみた例です。
i-autofx-goldmetallic.jpg

これはKPT5のシェイプシフターという機能で作成した例です。
う~ん。なかなかいい感じです。個人的にはKPT5のメタリック表現の方が好きです。
「AutoFX-Dreamsuite」ほど細かい設定はありませんが、結構、リアルに仕上がっていると思います。
i-kpt5-silvermetallic.jpg

使用ソフト
Aodobe Photoshop5J
AutoFX-Dreamsuite(プラグイン) 
KPT5(プラグイン)

作成手順は以下から

[リアルな質感!メタリックロゴの作り方]の続きを読む

スポンサーリンク